きちんとしておきたい印鑑の管理

information

  • 銀行印鑑の定番と言えばチタン

    実印や銀行印鑑と認印のそれぞれの役割 印鑑というものは普段意識…

    » 続きはコチラ

  • きちんとしておきたい印鑑の管理

    銀行印鑑に実印を使っていませんか? 私たちが使っている印鑑の中…

    » 続きはコチラ

  • 口座を作る際に必要になる銀行印鑑

    実印と銀行印鑑を分けたほうがいい理由とは? 会社を営んでいると…

    » 続きはコチラ

  • 印鑑の作成は信用できるお店に

    銀行印鑑や実印は特注で作るべきだろうか 実印や銀行印鑑に関して…

    » 続きはコチラ

銀行印鑑に実印を使っていませんか?

私たちが使っている印鑑の中で、通常よく使っている印鑑は、サインの代わりとして使っている簡易な認印です。そのほか、認印よりも重要な場面で使用する印鑑に実印と銀行印鑑があります。実印とは、役場で印鑑登録をすることが必要で、その印鑑の所有者本人の証明として扱われる物です。個人の印鑑の中では、社会生活を営む上で、また、法律上、とても重要な印鑑とされています。この印鑑は、主に契約事などに使われることが多いものです。銀行印鑑とは、金融関係で定期預金などをする際に登録する印鑑です。銀行印鑑も重要な印鑑であるため、実印を銀行印鑑として登録する人がいますが、安全性を考えると、実印と銀行印鑑に同じものを使うことは避けた方がよいでしょう。その理由の一つは、一つの印鑑を複数の用途に使っていた(登録していた)場合には、失くしたり、盗難に遭ったりした際に登録機関すべてに変更手続きをしなくてはいけなくなるからです。もう一つは、印影を複製されて悪用されるリスクが高くなるからです。最近は、複製技術が高くなっていますので、どこかで使った印影を複製されると、より重要な手続きに使っている印鑑を複製して使われるおそれがあるからです。できれば、銀行印鑑も銀行ごとに複数登録するなどした方が安全性は高まりますのでお勧めですが、管理が大変かもしれないので、せめて、実印と銀行印鑑は同じものを使わないようにしましょう。

実印と銀行印鑑は兼用は避けましょう

実印と銀行印鑑を兼用している人もいると思いますが、問題ないのか?金融機関に登録した印鑑を銀行印鑑、窓口でのお金の入出に必用な印鑑ですね。実印は、住民登録している市区町村の役所で戸籍上の姓名を彫った印鑑を登録申請。受理された印鑑のことです。実は販売店では実印向き、銀行印鑑向きと分けられているだけ。実印にするつもりで購入した印鑑を、銀行印鑑にする。銀行印鑑にするつもりで購入した印鑑を印鑑登録して実印にする。どちらも可能なんです。ただ、兼用して使うと偽造されるリスクが高くなるといえます。実印は印鑑の中でも重要で、不動産取引や大きな契約、重要な書類に使用する物です。その為印影はコピーされにくい、複雑な作りである必要があります。これは銀行印鑑も同様です。もし、兼用している印鑑を紛失、盗難されたら?金融機関に登録印鑑の変更届を出します。実印は廃止、改印手続きが必用になり、面倒です。その為、危険を避けるためにも実印と銀行印鑑は別々にすることをオススメします。実印と銀行印鑑、製作するときは姓と名の両方を彫った方が安全だと言えます。また兼用して使用する事は印影の流出に繋がる恐れがあります。実印と銀行印鑑、どちらも大事な印鑑です。保管、管理はきちんとやりましょう。

Copyright(C)2017 社会に出たら必ず使うことになる銀行印鑑の後悔しない購入法 All Rights Reserved.