家族葬の特徴や準備しておくべきこと

TOP > 松戸市の家族葬情報 > 家族葬の特徴や準備しておくべきこと

家族葬の特徴や準備しておくべきこと

近年日本では高齢化や人付き合いをあまりしなくなったことなど、様々な理由から葬儀は規模の小さなものを選ぶケースが増えています。
規模の小さな葬儀の中でも、主流もなっているのが家族葬です。
家族葬のイメージとして一般的には、遺族だけによる葬儀と考えている人が大半ではないでしょうか。
しかし遺族だけという決まりがあるわけではなく、親しい人が参列することも可能です。
家族葬にするなどにより会場を小さくできたり飲食接待費も減り、葬儀に必要となるトータル費用を安くすることができるという利点があります。
身近な人ばかりで行うことから、挨拶をしたりと周りに気を使うこともないので、精神的にも不安になることが少なく、きちんと別れを惜しみ見送ることができるというのも特徴ではないでしょうか。


家族葬には様々なメリットがあることは確かですが、まだ比較的新しい葬儀のスタイルとなっており、家族葬に対する考え方に間違いがあります。
家族葬に対する認識に違いがあることにより、予期せぬトラブルの原因となりかねないので気をつけましょう。
親戚や親しい友人なども含め、どこまでの範囲にお知らせするべきなのかもしっかり話し合って決めておく必要があります。
香典や供花を受け取るのか、全てを辞退するのかも決めておき辞退の場合にはそのことを伝えることも必要になってきます。
家族葬に対してまだ理解を示していない人も少なくはありません。
家族葬ということに対して親戚から批判されてしまい、人間関係にヒビが入ってしまうというケースもあるので、ある程度の範囲にはきちんとお知らせして理解を得ておくようにするべきです。


松戸市でも家族葬を執り行うという選択をする人はかなり増えており、葬儀業者もプランの一つとして準備していることが当たり前となりました。
それだけではなく家族葬を専門として扱っている葬儀業者も増えており、選ぶことができるというのは良いことと言えます。
規模が小さいことからどこに依頼しても、それほど違いはないと考えている人も多いですが、規模が小さくても葬儀ということには変わりはなく、大規模な葬儀と同様にどこに依頼するのかによって葬儀費用やスタッフの対応の良し悪しなどにも、必ず違いが生まれます。
急に決めるのではなく事前にいかに準備と下調べをしっかりしておくのかによって、納得できてスムーズな家族葬にするのとができるのかが決まるということは頭においておくようにしなければなりません。

次の記事へ