家族葬の特徴やメリットについて

TOP > 松戸市の家族葬情報 > 家族葬の特徴やメリットについて

家族葬の特徴やメリットについて

葬儀を執り行う時には、一般葬で家族や親族はもちろん友人やお世話になった人、近所の人やビジネス関係の人などを呼ぶことが当たり前となっていましたが、近年では規模の小さな葬儀を好む人が増えています。
松戸市でも小規模な葬儀を執り行うケースが増えており、その中でも家族葬は近年よく耳にするスタイルとなっています。
家族葬となれば、その響きから家族しか参列してはならないと考えてしまいがちですが、実際には定義があるわけではなく家族以外でも参列することは可能です。
故人や家族から希望があった場合には、他人でも参列することができるのは良い点ではないでしょうか。
近所の人やビジネス関係の人は呼ばないというのが、家族葬では当たり前のこととなっているということも頭に置いておくべきです。


家族葬の場合には規模が小さいので、当然会場も小規模で良いというメリットがあります。
当然のことですが、その分料金もリーズナブルになります。
葬儀の中でも一般葬で大きな出費となるのが、飲食接待費ではないでしょうか。
参列する人数によりかなり大きな金額の差が生まれるポイントであり、人数が減れば飲食接待費も大幅に減らすことができます。
経済的な問題から葬儀を執り行うことに対して心配があるという人でも、比較的安心して執り行えるのではないでしょうか。
身近で本当に気兼ねがない人ばかりで執り行うことができるので、挨拶をしたりと気を使う必要もなく、本当に別れを惜しみたいと考えている家族が最後の時をよりゆっくり過ごすことができ、納得できる時間が過ごせるというのも家族葬ならではの利点と言えます。


家族葬となれば規模が小さく金銭面の負担を軽減させることができるというだけではなく、精神面での負担も大幅に減らすことができます。
しかしメリットばかりというわけでもありません。
金銭面の負担は減らすことはできますが、参列者が減るということは香典も当然減るということになります。
結果的に自己負担しなければならない金額はかなり多くなってしまい、一般葬と大差ない結果になるケースもあります。
会葬者が少なく身近な人ばかりで精神面の負担を減らすことはできますが、本当は参列したかったという親戚などから批判されてしまい、トラブルになってしまうというケースも稀にあるので気をつけましょう。
松戸市の葬儀のしきたりやマナーもしっかり理解した上で、安心できる業者に任せることが大切になります。

次の記事へ