口座を作る際に必要になる銀行印鑑

information

  • 銀行印鑑の定番と言えばチタン

    実印や銀行印鑑と認印のそれぞれの役割 印鑑というものは普段意識…

    » 続きはコチラ

  • きちんとしておきたい印鑑の管理

    銀行印鑑に実印を使っていませんか? 私たちが使っている印鑑の中…

    » 続きはコチラ

  • 口座を作る際に必要になる銀行印鑑

    実印と銀行印鑑を分けたほうがいい理由とは? 会社を営んでいると…

    » 続きはコチラ

  • 印鑑の作成は信用できるお店に

    銀行印鑑や実印は特注で作るべきだろうか 実印や銀行印鑑に関して…

    » 続きはコチラ

実印と銀行印鑑を分けたほうがいい理由とは?

会社を営んでいると必ず使うことになる印鑑。書類によって様々な印鑑を使い分けるのが通例ですが、なぜ、分ける必要があるのでしょうか?兼用してはならない理由とは何なのか?という疑問を解消するため、特に、実印、銀行印鑑に焦点を当てて、分けたほうがいい理由をご紹介します。実印と銀行印鑑を分けたほうがいい理由として、どちらの印鑑も登録が必要な物だからということが挙げられます。実印は、それ一つですべての重要な書類に使用することができます。つまり、もし実印を盗まれでもしたら、悪用されてしまう危険性があるのです。盗難に遭った実印で、何らかの書類に押印されていたとしても、その実印は自分の物だという登録がなされているので、自分が押した物だと見なされます。このため、印鑑を別に作って使い分けることで、もしもの時に備えるべきなのです。上記の理由で、実印と銀行印鑑は必ず分けたほうがいいのですが、忘れてはならないのが銀行印鑑も登録して使用する印鑑だということです。銀行印鑑も実印と同じく防犯対策はしておくべきでしょう。他には、銀行印鑑の素材にも気を配ったほうがいいでしょう。銀行口座では、長期間に渡って資産を保管しますよね?そのため、銀行印鑑も長い時間の使用に耐えうるものでないといけません。金属で出来た印材などがいいと思います。

実印も銀行印鑑も役目は異なるが重要な物です

実印と銀行印鑑を同じハンコで兼用されている方は結構多くいらっしゃいますが、実はこれは余り良い方法とは言えません。それは実印と銀行印鑑の持つ効力や役割が異なる為です。実印は法的な効力を持たせる事が出来るハンコで、ご自身が住民登録されている市区町村の役場で印鑑登録を行い、家や車等の大きな買い物や、それにまつわるお金の借り入れ等際には必ず必要になってきます。市区町村に登録しますので、法的な効力を持っている事になり大変重要なハンコです。一方で銀行印鑑は、銀行に口座を作る際に必要になり、その後その口座からATMでは無く、預金通帳を使い多額の現金を引き出したりする際に必要になってきます。ただ現在では犯罪防止の為に、この預金通帳に銀行印鑑を貼らなくなってきており、登録した銀行印鑑がきちんと管理をしておかないと、後に判らなくなってしまう事が多いです。更に現在は銀行側でも登録されたハンコの印影をデーター化し、機械判定が出来る様に改善されてきております。この銀行印鑑も個人の資産管理では重要な物である為、きちんとした管理が必要になってきます。特に銀行の通帳等を一緒の保管するのではなく、別々の場所等に保管する様にしましょう。こうした事から実印も銀行印鑑も役割は異なりますが個人の資産管理上では大変重要な物です。

Copyright(C)2017 社会に出たら必ず使うことになる銀行印鑑の後悔しない購入法 All Rights Reserved.