銀行印鑑の定番と言えばチタン

information

  • 銀行印鑑の定番と言えばチタン

    実印や銀行印鑑と認印のそれぞれの役割 印鑑というものは普段意識…

    » 続きはコチラ

  • きちんとしておきたい印鑑の管理

    銀行印鑑に実印を使っていませんか? 私たちが使っている印鑑の中…

    » 続きはコチラ

  • 口座を作る際に必要になる銀行印鑑

    実印と銀行印鑑を分けたほうがいい理由とは? 会社を営んでいると…

    » 続きはコチラ

  • 印鑑の作成は信用できるお店に

    銀行印鑑や実印は特注で作るべきだろうか 実印や銀行印鑑に関して…

    » 続きはコチラ

実印や銀行印鑑と認印のそれぞれの役割

印鑑というものは普段意識して使っている人と、そうでない人の差が大きく出るものです。印鑑の重要性を理解している人は、印鑑の種類や使うタイミングなどにもこだわりが必然と出てきます。印鑑の主な種類には「実印」「銀行印鑑」「認印」といったものがあります。実印というのは、住民登録をしている市区町村で印鑑登録をした印鑑ということになります。そのため、「実印」というジャンルの印鑑商品群があるわけではありません。実印は様々な法的手続きで重要となる印鑑になります。銀行印鑑というのは口座を開設などの際に、金融機関に登録した印鑑のことを言います。金融機関での本人確認などに利用される印鑑です。銀行印鑑と通帳があれば、本人でなくても預金からお金を引き出せるなど、本人の代わりとなる威力がありますので扱いに注意が必要です。認印というのは印鑑登録をしていない印鑑全般を言います。日常遣いの印鑑と言っても良いでしょう。こういった違いがありますが、実印や銀行印鑑といったものはそれだけ大事な印鑑ですから、ひとまとめにしてしまうと紛失時のリスクが高くなってしまいます。また、使用機会が多いと摩耗も激しくなり、陰影が変わることもありますので、必要時以外には使わず、普段遣いの認印とは分けて別途保管しておくのが良いでしょう。

実印や銀行印鑑を作る際の価格相場は?

実印や銀行印鑑をいざ作ろうと思った時に、どうしても気になってくるのがその価格です。どのくらいの価格が適当なのでしょうか。印鑑のサイズ、彫りの種類、印材の品質、またお店ごとの作業賃などから総合的に値段が決定していきます。実印や銀行員の価格を決める主な要素は素材です。黒水牛やオランダ水牛、彩樺、黒檀などの素材は比較的安価で、1本あたり5000円以内で実印や銀行印鑑を作ることができることが多いです。10000円くらいまで予算を伸ばすと、水牛の上質なものや白檀を使った印鑑を作ることもできるようになります。質の良いものは密度や耐久性が高まるので、様々な契約を行う機会がある方に良いでしょう。それ以上の高価格帯になると、素材として象牙やチタン、水晶、琥珀など鉱石を使ったものなども登場します。また、銀や天然石なども利用されます。高価格帯では、耐久性にも優れたチタンが定番となっています。他の要素によっても価格は変わりますが、素材による影響が最も大きいところがほとんどです。ですから、印鑑の作成を検討しているなら、まずは素材を揃えてから比較見積りを取るようにすると良いでしょう。上記で示しているのはおおよその相場です。ここから大きく変わることがあれば、何か秘密があるはずですから聞いてみると良いでしょう。

Copyright(C)2017 社会に出たら必ず使うことになる銀行印鑑の後悔しない購入法 All Rights Reserved.