銀行印鑑は予算と見た目で選ぶ

information

  • 印鑑の作成は信用できるお店に

    銀行印鑑や実印は特注で作るべきだろうか 実印や銀行印鑑に関して…

    » 続きはコチラ

  • 銀行印鑑の定番と言えばチタン

    実印や銀行印鑑と認印のそれぞれの役割 印鑑というものは普段意識…

    » 続きはコチラ

  • きちんとしておきたい印鑑の管理

    銀行印鑑に実印を使っていませんか? 私たちが使っている印鑑の中…

    » 続きはコチラ

  • 口座を作る際に必要になる銀行印鑑

    実印と銀行印鑑を分けたほうがいい理由とは? 会社を営んでいると…

    » 続きはコチラ

実印や銀行印はお店で買う?ネットで買う?

実印、銀行印鑑を購入するとなったら、お店で買いますか?ネットで買いますか?今は実印、銀行印鑑であってもネットで気軽に注文できる様になったので利用している人は増えていますが、実際にお店で買うのと、ネットで買うのと、どんな違いがあるのでしょうか?お店で購入できる実印、銀行印鑑は、同じ条件の印鑑をネットで購入する場合と比較すると若干価格が高めになります。これは、実際に見て買えるという安心料と、また現実的な面で言えば、店舗を構えている分、経費がかかっているので高めになってしまいます。ただし、実績のあるお店は実店舗を構えていることが多いので、仕上がりや品質の良さ、彫りの美しさなどにおいては信頼できる印鑑作りができるといえます。ネットで購入できる実印、銀行印は、ズバリお得に購入することができます。印鑑によっては実店舗の半額以下で購入できたりということもあるので、最近ではネット購入する方がメリットがあると考えられています。また、ネットでの購入では複数のショップの比較検討をすることができるので、より多くの種類から選ぶことができるので満足のいく実印、銀行印作りが期待できます。実物を見られないことに不安感はありますが、過去の実績や実際に電話で対応を確認してみるなどして、信頼できるショップかを確認すれば良いでしょう。それぞれにメリットとデメリットがあるので、自分の考えにあった方を選ぶといいでしょう。

実印や銀行印に人気の素材は?

印鑑の中でも特別な意味を持つ実印や銀行印は、偽造などの心配にも備えて、自分だけのものを作るのがおすすめです。でもいざ、印鑑を作るとなると、どんな印鑑がいいかわからない人も多いとおもいます。そこで、印鑑の印象を決める素材について、どんな素材が人気があるのかを紹介します。
【①黒水牛】
深みのある美しい黒色が印象的な黒水牛は印鑑の素材としてかなり人気があります。見た目の重厚感や美しさだけではなく、耐久性に優れているので長年使えるということが特徴です。価格が安すぎず、高すぎずというのも人気の理由でしょう。
【②ブラストチタン】
印鑑の素材として近年人気が上がっている素材です。いわゆる印鑑ではなく金属性な印象となりますが、何と言っても捺印性が抜群であり、印鑑を押すのが苦手な人でも押しやすいのが特徴です。また、錆びにくくて耐久性、耐食性に優れています。見た目のスタイリッシュな感じも人気の理由の一つです。
【③薩摩本柘】
古くから印鑑の素材として使われてきた木の温もりが優しい印象の素材です。比較的リーズナブルな価格ですが、長期使用でも変化があまりなく、木の印鑑にしたいという人にオススメの素材です。
基本的に印鑑屋さんで取り扱われている素材については、印鑑に適した耐久性のある素材になっているのであとは予算と見た目で選んでみるといいでしょう。

印鑑デザイン無料校正、オリジナルアタリ埋込みサービス可能、宝石開運彫刻などの充実なサービス! セットで買うとお買い得でお安い商品多数ご用意。 センスあるチタン印鑑は7,980円からご案内しております。 印鑑はすべて手仕上げとなり、品質には自信がある。 個人印鑑980円~、法人印鑑2,580円~、印鑑セットの場合単品より最大25%off! 1~2営業日内で発送対応致します。 銀行印鑑をなくさない方法手段としては

Copyright(C)2017 社会に出たら必ず使うことになる銀行印鑑の後悔しない購入法 All Rights Reserved.